スマートフォンチャットレディの仕事コツやクチコミを説明。本業・副業としてチャットレディの稼ぎ方も紹介します!顔出し無しでも大丈夫。手厚いサポートのサイトだけ紹介しています。

2.どうやるの?確定申告

大まかな流れ

確定申告は年に1回。対象期間は1月1日から12月31日まで。
提出には期限があります。次の年の2月16日から3月15日が基本となります。

必要箇所を記入し、「平均○年度分の所得税の確定申告書」が完成します。
それを税務署に提出という流れとなります。(提出先税務署は住民票の住所管轄内)

これは私のアドバイスでしかありませんが、2月に提出をした方がよいでしょう。
3月はものすごい混雑のなかでの提出となるので気分が悪くなるくらいです・・・

とはいっても郵送というのも1つの手段としてあります。

青色申告事前手続き

個人事業を開始することを知らせる手続きをする

フリーランス、つまり本業チャットレディさんは個人事業主といいます。
【個人事業】を開始するにはまず税務署へ向かいましょう。

そして、「個人事業の開廃業等届出書」を提出。
提出しておくとどうなるのかというと、毎年時期になると確定申告の必要書類を送ってくれるので申告を忘れてしまうという事が滅多にないんですね。

提出先は、自宅の住所を管轄している税務署。
本業チャットレディさんの場合、自宅が「納税地」となることがわかりますね。

そして、都道府県税事務所に「事業開始等申告書」を提出。
※地域によっては区市役所にも提出しなければいけないとこもあるとの事。

税務署に青色申告の届出をする

確定申告を青色申告で行うという人は、「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。
提出先は納税地(自宅)を管轄している税務署、簡単に言えば確定申告の書類を提出する税務署ですね。

確定申告の対象となる年の3月15日までに提出です。
例:3月15日以降に、OLを辞めました。そして新年度の4月1日本業としてチャットレディを始めました。

この場合、開業(チャットレディを始めた日)した日から2ヶ月以内に手続きを済ませてしまいましよう。
2ヶ月以内というのが重要となり、5月末までに手続きをすませれば、その年から青色申告で確定申告ができますよ。

必要な書類

申告書AorB

個人事業主、つまり本業チャットレディとして生計を立てている人は「申告書B」を使います。
「申告書A」は、チャットレディを副業としているOLさんが使うと思っておく程度で大丈夫。

※報酬を「事業所得」として扱う本業チャットレディさんは「申告書B」
※報酬を「雑所得」として扱うOLさんは「申告書A」

全員提出「第一表」と「第二表」

そして、確定申告をする人全員が提出する「第一表」と「第二表」というのが存在します。
親切なことに「第一表」と「第二表」は、複写式の3枚組。

1枚目は「所得税用」、2枚目は「住民税用」、そして3枚目は「自分の控え用」。
税務署に提出するのは1枚目と2枚目、それらに「第一表」と「第二表」を合わせた計4枚のみ。

郵送ですませたい人は、提出書類と一緒に控えと「返信用封筒」を入れておくと、確認印を押して返送してくれる親切さ。
※返信用の封筒に切手を貼っておくのをお忘れなく

「第三表」~「第五表」はチャットレディには関係のない書類です。
説明するのも面倒なので、見なかったことにしておきましょう。

青色申告者は「青色申告決算書」・白色申告者は「収支内訳書」を提出

チャットレディが提出しなければならない書類は実はまだあります。
「青色申告決算書」と「収支内訳書」のどちらか該当する方。

※「青色申告決算書」は「青色申告」で確定申告をするチャットレディが提出する書類
※「収支内訳書」は「白色申告」で確定申告をするチャットレディが提出する書類

青色申告決算書・収支内訳書の用意

何が違うの?青色申告決算書と収支内訳書

「青色申告決算書」とは、その名の通り青色申告をしようとする人が使うする用紙。
「収支内訳書」は白色申告をしようとする人が使う用紙となります。

青色申告ができるかどうかは先に説明した通り、事前に税務署に「青色申告承認申請書」を提出が必要となってきます。
また、「青色申告決算書」と「収支内訳書」とは、一事業について同時に提出することはありません。
青色申告か白色申告か自分で選択し、どちらかを提出します。

青色申告決算書の作成

4種類の用紙

青色申告決算書には4つの種類があります。
これには使い分けが必要となってきます。チャットレディはどれを使えばいいのでしょうか?

不動産所得用・農業所得用・一般用・現金主義用とありますが、チャットレディで生計を立てている人は「一般用」を使いましょう。

見分けがつきやすいので心配ないですよ。

青色申告決算書・収支内訳書の用意

事前に税務署に「事業開始届」「青色申告承認申請書」の届出をしていれば青色申告決算書、収支内訳書の用紙はが郵送されてきます。
12月中から翌1月頃までに届くようになっています。

自分で用紙を用意することも可能です。
その場合、税務署で受け取るか、国税庁のサイトから書式をダウンロードしてプリントアウトしたものを使うこともできます。

青色申告決算書の作成

青色申告決算書の全体像

■1ページ目
「損益計算書」。1年間の「所得金額」の集計一覧表となっています。
「所得金額」とは、収入から経費や控除額などを差し引いた金額で、その流れが誰がみても分かるようになっています。

■2ページ目
損益計算書に記入する金額のうち、「売上」「仕入」「給与賃金」「専従者給与」「貸倒引当金」「青色申告特別控除」の項目についての詳しい内訳を記載します。

■3ページ目
2ページと同様に、「減価償却費」「利子割引料」「地代家賃」「税理士、弁護士報酬」「特別事情」の項目について、その内訳記載します。

■4ページ目
「貸借対照表」。青色申告特別控除65万円を受けるためには記載する必要があります。
表の内容は預貯金や借金、利益などのバランスや変動が誰がみても分かるようになっています。
期首(1月1日あるいは事業開始日)および期末(12月31日あるいは事業廃業日)の財産の内訳を記載します。
製造原価計算をしている場合は、その内訳も記入。

二度手間を防ぐ

用紙には記入欄がいくつもあります。でも実は全て埋める必要はないんです。
該当部分のみ記入すればいいんですよ。

■ここがポイント
1ページ目から書くと2度手間になります。
2ページ、3ページの○のついている項目から書き始めましょう。
その後、損益計算書に転記し、最後に貸借対照表に進むと効率がよく作成できます。

数字・金額の大きな変動は「特殊事情」

前の年にも確定申告をしたというチャットレディさんは、前年の青色申告決算書と比べてみましょう。
経費の金額が大きく増えていたり、「儲け」の割合である粗利益率(売上から売上原価を引いた利益の金額÷売上高)が大きく変わっていないか確認します。

もしも大きな変化があったのなら、その理由を「特殊事情」の欄へ記入。
チャットレディだと、「パソコンだけでなく携帯でもチャットレディを始めて、稼ぎが増えた」など。

しかしチャットレディの場合は、そんなに劇的に変わるものでもないと思います。

白色申告の収支内訳書の作成

全体像

■1ページ目
左半分は、「損益計算書」。1年間の売上と経費等を集計し、所得金額を算出します。
右半分は、損益計算書に記入する金額のうち、「給与賃金」「税理士、弁護士報酬」「事業専従者の氏名など」の項目についての詳しい内訳を書く欄です。

■2ページ目
損益計算書への記載金額のうち、「売上・仕入」「減価償却費」「地代家賃」「利子割引料」「特殊事情」の項目について、さらにその内訳を記載。

便利な控除はどんどん活用

パソコンでチャットレディをしている方は注目。
パソコンや自動車などの固定資産は、取得金額が10万円以上である場合、全額を購入年の経費にすることができません。
青色申告者は、特例として固定資産であっても30万円未満であれば、全額を経費にできる特例が設けられていますが、白色申告にはありません。

そこで、「一括償却」を利用します。
「一括償却」とは、取得金額が20万円未満の固定資産について認められています。

これは、10万円以上20万円未満の固定資産について、使用開始年から3年間で3分の1の金額ずつ連続して経費にしていく方法。
通常の減価償却とは違って、資産の種類や耐用年数に関係なく、残存価額も必要はありません。
月ごとに細かく経費にしていかなくてよいので、項目の記入も簡単です。

確定申告書を作成

提出する確定申告書の確認

「第一表」、「第二表」は必須!

先に説明しましたが、この2つは誰もが提出するものです。
本業チャットレディさんで稼いでいる人はこれといっしょに「申告書B」を使用します。

■ポイント
金額の内訳明細となっている「第二表」を作成してから「第一表」を作成したほうがスムーズ。
「第一表」にも金額を転記するところがあるので、内訳となる「第二表」を先に作成した方が楽ですよね。

いよいよ確定申告書類の提出

税務署へ郵送する場合

時期がきたら税務署は大変混雑します。それを避けられるのが、「郵送」。
時間のない人にも便利なシステムですね。

提出期限は3月15日の消印まで有効。忘れてはいけないのは、受領印を押してもらうために必要な「第一表」と「第二表」の控えとあらかじめ自分の住所を書いて切手を貼った返信用封筒。

税務署で直接提出する場合

確定申告を初めて行うという人は直接提出したほうが不安が拭えます。
※初めての人は必ず直接提出しなくてはいけないというわけではありません

「確定申告書作成コーナー」で書類を作成し「提出コーナー」に提出。
この際も受領印を押した控えが返却されるので、必ず保管しておきましょう。
受領印は、「提出しました」という「証拠」となるものです。

電子申告(e-Tax)の場合

電子申告ってあまり耳にすることがないかもしれません。
実は、国税庁のサイトからダウンロードできる「e-Tax」専用ソフトを使い、パソコンから確定申告を行うシステムがあります。これを「電子申告」といいます。
納税するのもネットバンクで簡単に行えます。

導入には多少の手間が掛かりますが、データの保存や抽出が容易になり、翌年以降の確定申告が楽になります。

税務署に提出

確定申告の提出期限

2月16日から3月15日までの1ヵ月間に提出しなければなりません。
■3月15日を過ぎてしまったら?
青色申告特別控除額65万円が適用されず、10万円の控除になってしまいます。
さらに「無申告加算税」や「延滞税」も掛かってしまいます。

当日に用意するもの

青色申告決算書(収支内訳書)と確定申告書、それに「受領印」を押してもらう控えを持っていきましょう。
他に複写式でない書類や現物を添付しなければならないものは、コピーをしておいたほうが安心できます。

認印も申告書に印鑑を押す欄があるので忘れずに。
銀行印および銀行口座番号のメモか通帳。(振替納税の手続きには銀行印と銀行口座番号が必要)

ボールペンやホチキスなどの筆記用具も自分で用意したほうが良いでしょう。立て込んでいる場合、全て使われている場合があります。

税金を納付

所得税の納付方法

確定申告書類を提出した後、次は所得税を納めましょう。
所得税の納付日も確定申告と同じく3月15日となります。

所得税を納めるときに必要な「納付書」は、税務署でもらいましょう。
まちまちですが、金融機関に置いてあることもあります。
郵送で申告書を受け取っている場合、申告書と一緒にに納付書も同封されています。

所得税を納付する場所は税務署

銀行で納付する場合、窓口で手続きをしましょう。
また、納付税額が30万円以下の場合「バーコード付き納付書」を使いコンビニで支払うことも可能。
「バーコード付き納付書」は税務署から送られてくるものです。

税務調査への備え

個人事業を開始することを知らせる手続き

ページ上部の「青色申告事前手続き」にある個人事業を開始することを知らせる手続きをするをそのまま参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © スマートフォンでチャットレディ All Rights Reserved.